FC2ブログ
今回のお泊り、
彼は珍しく夕方から基地に入れた。

私は体調も良く、
彼と長く一緒にいられるのが嬉しくて
気分も上がり、彼にベタベタ甘えた。

ぐったりだるそうにしていない私を
彼に見せられるのは久しぶりで、
いつもこうだったらいいのにと思ったのは、
私より彼の方かもしれない。
彼もずっと笑顔だった。

この日彼は
以前私が誕生日プレゼントに贈った
“黒佐藤”を開けた。
実に2年越し。

「なんだかもったいなくて
開けられなかったんだよなぁ。」

と彼は言った。

「いい香りだなぁ。それに飲みやすい。」

「本当?良かったぁ。
今年プレゼントした“百年の孤独”は
いつ開けてもらえるのかなぁ(笑)」

「そんなに焦らなくて大丈夫。
ビールと違って
焼酎は直ぐに飲めなくならないから。」

彼に贈るお酒はいつもネットで調べたりして、
自分なりに厳選しているつもり。
彼が喜んでくれるといいなと思いながら
選ぶのは楽しみでもある。

「でもね、こんなに高価な物は
無理しなくていいんだよ。
ほら、俺は物欲とかないし。」

「うん…でも年イチぐらい何かしたいの。
いつも本当に良くしてもらってるから。」

彼は私の方に向き直り、
優しく目を見つめて言った。

「俺はこうやって、なぎさが隣で
ニコニコ笑っていてくれたら、
それで十分なんだよ。」

言い終わると同時にキスをした。

いつもこんなに
可愛がってくれるあなたを愛してる。

私もあなたがいてくれるだけでいい。

たとえいつも一緒にいられなくても。



不倫・婚外恋愛ランキング
スポンサーサイト
平日に会えなかった週。
日曜日に会いに行くよと彼は言ってくれた。

会う日の朝は
私の体調をLINEで知らせる。

最近は元気100%と言える日は
なかなかなくて、
会えないほど具合が悪くはないけれど…
という感じの日が多い。

もちろん気持ちは彼に会いたい。
いつだって会いたい。
一緒にいたい。

でも彼に本当に大丈夫?と
何度も聞かれたりすると、
だんだん不安になる。

やっぱり会うのは
止めた方がいいのかなぁ…と思ってしまう。
彼への返事もそんな口調になってくると、
彼もトーンダウンしてくる。

なんとなく変な雰囲気になってきて、
このまま会えなかったら、
私スゴく落ち込むだろうなと思った。

最後の最後で会いたいって言えた。

後で彼に

“今日は最初から消極的だったから、
会うの迷ったよ”

と言われた。
素直に言えばいいのに…とも。

でも体調が万全でないと会えないってなると、
会っていいのか自信が持てない。

最近は元気80%もあれば上出来だと思う。
普段の私は60〜70%ぐらい。

彼に悪い気を当てたくないから、
会うときはシャキッとしていたい。
でも気持ちだけでは
どうにもならないときもある。

この日彼は出張帰りで泊まっていった。
彼はそれを当日まで黙っていた。
予定がどうなるかわからなかったからと
言っていたけど、
私を驚かせて
喜ばせようとしてくれたのもあったと思う。
日曜日の夜にお泊りなんて、
そうそうあることではないもの。

それなのに私が会うのを
ためらうような口ぶりだったから、
彼はガッカリしただろうな。

ごめんなさい。



不倫・婚外恋愛ランキング

恋愛適齢期

先日ある記事を
コメントを受け付ける状態で更新していた。

これはうっかりしていたことで、
コメントが入って気づいた。

コメントは管理人だけが見られる設定で、
口汚く罵るものだった。

申し訳ないが削除し、
コメント欄を閉じた。

見た瞬間はショックで傷ついたが、
想定内の内容だし
価値観は人それぞれだから仕方ない。

高齢の私達の不倫を
気持ち悪いと思うのも無理からぬこと。

実際私も若い頃、そう感じたことがある。

でも今は心も体も若々しい人が多い。
果たして年齢という記号で
恋愛に線引きできるものだろうか。

私はこの年齢で再び
愛し愛される相手にめぐり逢えて
幸せだと思っている。

だからこんな形の幸せもあることを
書き残している。

たまたまこのブログに辿り着き、
読んでから年齢を知り、
気持ち悪いと思ったならごめんなさい。

もう読まないでくださいね。

この恋愛を
肯定も否定もしなくていいんです。
倫理的に良くないことは承知しています。

許されない恋愛をしているけれど、
幸せだと感じている私の
書き残しておきたい日々。

いつか罰を受けるかもしれないことも
覚悟している。

それでも続けたい、
失いたくない愛なのです。

理解して欲しいワケではありません。

あなたはあなた、
私は私。

それだけのことです。



不倫・婚外恋愛ランキング
電話で彼と話した後、
ブログを下書きして
夜更新しようとしていた。

…すると突然、
彼が会いに来てくれた。

短い時間しか居られないと言う彼。
日曜日に出てきてくれるのは
大変だっただろう。

さっきの電話で
私が会いたいと言ってしまったから、
彼には無理をさせてしまったかもしれない。

ごめんね。

だけど短い時間でも会おうとしてくれる、
あなたのその気持ちが嬉しいの。
なによりも心に響く。
安心する。

「今夜さっきの電話の内容で、
ブログ更新予定だったんだよ。」

「それ今更新しちゃえば?
そして会えましたって明日また書きなよ。」

そのため、
前記事はいつもと違う時間に更新している。

隣に彼が居る時に更新するのは初めて。

「ねぇ、恥ずかしいから
帰ってからブログ読んでね。」

彼は笑って頷いた。

今まで散々
彼が好き好き書いておいて、
今更恥ずかしいもないけど…。

優しいキスを何度もして、
彼は基地を後にした。

来てくれてありがとう。
とても嬉しかったよ。
大好き…あなたが大好きです。



不倫・婚外恋愛ランキング

会いたい

彼と予定が合わなかったり、
私の体調不良で会えない日が続いている。

予定が合わないのも
私の通院を優先しているからで、
彼のせいではない。

なのに私が
“会いたい”
“さみしい”
って言うのは違うと思い、
ずっと我慢していた。

ブログに書けば彼が目にする。
だからブログにも書けない。

恋しくて恋しくて
泣いた夜もあった。

だけど今日、
彼が電話をくれた。

彼の声を聞いた途端想いがあふれ、
つい口をついて出てしまった。

「会いたいよ…」

今日も立ちくらみがひどくて
会える状態ではない。
先週の病院も妹が付き添ってくれた。

今週こそは会いたい。

ぎゅってして欲しい。

会いたい…あなたに会いたい。



不倫・婚外恋愛ランキング

 | ホーム |  前のページ»»