FC2ブログ

贅沢な悩み

※この記事は、
皆様の想像と妄想でお楽しみください※

やっと基地でゆっくり会うことができた。

久しぶりに会った彼は
いつも以上に情熱的なキスをした。

情熱的なのはキスだけじゃなくて、
それから続く甘いひとときに私は溺れた。

とても…良いのだけれど、
このままだと
どうにかなりそうなのが怖くて、
つい
イヤ、もうイヤ…と口走る私。

それがあまりに続くから
彼も不安になったのか、
私の右手を自分の左腕に置き、

「本当にイヤな時は
ここをポンポンってして。」

と言った。

「ごめんなさい。
本当にイヤな訳じゃないの。
ただどうにかなりそうで怖くなって…」

彼にこんなに可愛がってもらえて、
嬉しくて幸せ。

…だけど彼が凄すぎる…
なんて贅沢な悩み。



不倫・婚外恋愛ランキング
スポンサーサイト



会いたい想いが彼を引き寄せたのか、
来週を待たずして会うことができた。

以前ブログにも書いたが、
彼と私は出逢う前から
同じ歯医者さんに通っていた。

そして今回もまた、
歯医者さんでバッタリ会った。

私がその日歯医者さんに行ったのは、
前日急に決まったことで、
彼に時間は知らせていなかった。

もちろん彼が
その日予約していたことも知らない。

駐車場で直ぐに彼の車を見つけた私は、
車を停めると走って駆け寄った。

彼はニコニコと窓を開けてくれたけれど、
車に乗るように促されなかったから、
車には乗らなかった。

聞けばお互いの予約時間が同じで驚いた。

駐車場の前は大通りだし、
いつまでも彼のそばにいては
いけない気がして、
私は車を離れた。

病院の待合室でも彼は離れて座るし、
視線も合わせなかった。

診察を終え、
私の方が先に会計を済ませ外に出た。
彼も間もなく会計に呼ばれそうだった。

一瞬彼を待とうかとも思ったけれど、
彼のよそよそしさを思い出し、
待つのは止めて車を出した。

帰り、基地とは逆方向の
コンビニに行って帰る途中、
彼の車とすれ違った。

その後、彼とのLINEのやりとりで
彼もすれ違ったのを気づいたと言った。

ほんの少ししか話せなかったけれど、
あなたの笑顔が見られて嬉しかった。

だけど…よそよそしいのがさみしかった。

仕方ないか。



不倫・婚外恋愛ランキング
その後、平日無事会うことができた。

久しぶりに会った彼は、
帰る時間をいつもより遅らせてくれた。
彼の気遣いを感じた。

会えなかった間、
やはり彼は忙しかったそうだ。
そのうえ体調を崩していたとのこと。

それを聞く前に

「長く会えないときは心配だから、
スタンプひとつでもいいので送って欲しい。」

と余計なことを言ってしまい後悔した。

連絡がとれなくて、
不安になったり
さみしくなるのは仕方ないけれど、
それをどう受け止め対処するかは
自分の問題。

彼にああして欲しい、
こうして欲しいと指図するのは筋違い。

彼には彼の生活があり、
考えや想いがある。
指図されるのは正直不愉快だろう。

だから彼に委ねる。
彼の考えや想いは言動に現れるはずだから。

それが彼への信頼であり愛情だと思う。

今回は自分の気持ちを押しつけてしまった。
これでは彼好みの女性になれない。
頑張れ、私。

そして今週は
せっかくのお泊まりチャンスだったのに、
私の通院と重なってしまった。

いつもの通院と異なり、
今回の治療では当日飲酒は出来ないし、
食事もままならない。
なので今週のお泊まりは見合わせた。

とても残念。

そんな私を励ますように、
治療の前夜、彼は電話をくれた。
優しい語り口。
時には笑わせてくれる。
彼の愛情を感じた。

声を聞かせてくれてありがとう。

来週は会えますように。
大好きなあなたに会えますように。



不倫・婚外恋愛ランキング

余裕

更新がないということは、
私の場合
会っていないということ。

お盆期間中、
彼は公私共に多忙なので
会えないことは承知していたが、
電話はもちろん
LINEのスタンプひとつも来ないとは
思っていなかった。

それはお盆期間が終わっても続いていて、
私はさみしさを募らせていた。

彼に何かあったのではないかと
不安になったが、
以前彼に

「俺から1ヶ月連絡がなかったら
新聞の訃報欄を調べて。」

と言われていたので、
1ヶ月はジタバタしないで待つしかなかった。

そして先日やっと連絡をもらい、
この週末どちらかで会おうと
言ってくれたのだが、
1日は私の体調不良、
もう1日は
彼が基地に来るのが遅くなりそうで止めた。

また後日、平日のどこかで会うことにした。

本当はとても会いたかった。
さみしかった。

でも仕方がない。

連絡がないときは、
彼が家庭や仕事を
大事にしているときなのだから、
邪魔をしない。

私からは連絡をしないで待つだけだ。

やがて彼の時間に余裕ができれば、
私との時間にあててくれる。

そのときを楽しみにしていよう。

さみしがってメソメソしているより
ずっと良い。

また会えるのだもの。

私は心に余裕を持とう。



不倫・婚外恋愛ランキング
毎年楽しみにしている花火大会。
涼しい基地で
ふたりくっついて見ることが出来る。
今年も無事会え、
花火の後、お泊りしていってくれた。

それから数日後にまたお泊り。
出張先のお泊りを基地に変更してくれた。

1週間の間に2度のお泊りなんて
滅多にないこと。

ずっとイチャイチャ、
ラブラブだったかといえば、
そうでもなかったりする。

…私が良くなかった。

一緒にいる時間が長くなると、
ついワガママや甘えが過ぎる気がする。

「何か怒ってる?」

なんて彼に気を遣わせることもあった。

かと思えば急に
ずっと胸につかえていたことを打ち明け、
泣き出してしまったり…。

感情の起伏が激しいのは面倒くさいだけ。

冷静になればわかるのに、
時々こんな風になってしまう。

末永く彼のそばにいたいなら、
精神的にフラットでいなければダメだろう。

今のふたりの状況に
安心しきってはいけない。

馴れ合いにならず、
感謝の気持ちを忘れずに。

そして人として成長し続けること。

お互いの気持ちだけで
繋がっている関係なのだから。

反省することが多い週だった。



不倫・婚外恋愛ランキング

 | ホーム |  前のページ»»