FC2ブログ

幸せ過ぎて…

幸せ過ぎて怖い。

…なんて書いたら、

どれだけ脳内がお花畑なのか、
酔ってるのかと思われても仕方ない。

でも敢えて書く。

幸せ過ぎて怖い。

昨日も基地に来てくれたのだが、
以前私が何気なく話したことを
きちんと覚えていてくれて、
それを買ってきて備えつけてくれた。

いつもそう。

どんな些細なことでも、
気にかけてくれる。

私ですら忘れていたことも、
彼は覚えていたりする。

「いつもこんなにしてくれて、
本当にありがとうございます。
…とても嬉しい…。」

「なぎさがいつもウキウキと、
毎日充実して生活してくれたら
嬉しいから。幸せだから。」

満面の笑みでそう言って、
抱きしめてくれる彼。

いつも、いつも…
私を大切にしてくれる。
大事に思ってくれているのが伝わる。

こんな立場の私が
言えることではないけれど、

私は幸せです。

あなたがいてくれたら、
一緒にいられたら、

他に何も望まない。

ずっと愛しあっていたい。

それだけでいい。
スポンサーサイト



先週約束していたデートを、
また私の体調不良で
キャンセルしてしまった。

連休前、
1週間ぶりのデートだったのに、
とても残念だった。

次会えるまで長いなぁ…。

体調が幾分良くなると、
会えなくなったのは自分のせいなのに、
彼に会いたくてたまらなかった。

自分勝手だと思ったけど、
彼が恋しかった。

そうしたら昨日、
彼は私の体調をLINEで確認し、
連休中にもかかわらず
会いに来てくれた。

…だけど

彼は秘密基地の改良を
汗だくになってしてくれたり、

シャワーを浴びたり、

ご飯を食べ終わっても…

…抱っこしてくれない。

ぎゅって抱きしめてくれる。
キスもしてくれる。

だけどそれ以上してくれない。

我慢できなくなって、
ふんふん甘えながら
顔を擦り付けてキスしたり、
ベタベタ体を密着していくと、
彼は笑いながら言った。

「どうしたの?」

「どうしたのって…
わかるでしょ?甘えてるの。」

「(笑)したいの?」

「…抱っこしてくれないんだもん。」

「まだ調子悪いかなと思って。
無理したらいけないから。」

「…してくれない方がイヤ。」

彼はニコニコ笑うとキスをして、
私を横にした。

薄暗い部屋の中でも、
彼の顔だけはハッキリ見える。

大好きなあなた。

彼にしがみつき、
耳元で囁いた。

「何もしないで帰っちゃダメ。
…抱いてくれないと…イヤ。」

本当に調子が悪いときは会えないから。

会えるときは触れあいたい。

ひとつになりたい。

あなたが大好きだから。
あなたに抱かれることが一番のお薬。

心も体も満たされ、
癒されて、
安心して…幸せだと思うひととき。
【今日は株についての記事です。
彼が大好き〜という
いつもの感じではありませんので、
それでもよければ読んでください】

先日、初めて手持ちの株が売れた。

本当はもっと短期間で売買する、
スイングトレードをするつもりだったが、
やはり思った通りに市場は動かない。

もっと株に詳しい人なら
売れるタイミングは
あったのかもしれないけれど、
なにせ初心者。

店頭口座は長期で、
ネット口座はスイングトレードでと
自分なりに勉強して
決めたルールに則り、好機を待った。

そしてEU離脱決定前後で
乱高下していたある銘柄が、
再びジリジリと値を上げ始めたので、
私は指値で注文を出し、
行方を注視していた。

参院選後、
結果によっては更に値を上げるはず…。

そして予想は的中。

持ち株は取得価格より
3割上げ約定した。

私が決めたルール。
3割上げたら利益確定する。

しかし、この銘柄は
恐らくまだ値上がりするだろう。

何故なら
この会社の主力商品は
ひとりっ子政策を止めた中国人が
好んで買い漁ったり、

高齢化が進む日本国内で
必要不可欠なモノだからだ。

私が彼に投資してもらい
株を始めた頃、
ちょうど底値圏で買えた。

彼からは
3割上げて売れたなら上出来と言われ、
とても嬉しかった。

でもこれは
ビギナーズラックだと思っている。

それに最初書いたように、
予定より長く持ちすぎたし…。

因みに私の中で、
損切りのルールもある。

今のところ
損切りになりそうな銘柄はないけれど、
あまり動きのない銘柄は
3割待たず売り、
他に変えようかと思っている。

私がしたいのはトレードで、
投資ではないと思うから。

だとすると、
もっと勉強して
FXをした方がいいのかな。

私の目的と
将来的にしたいこと。
そのための資金。

よく考えて
やってみたい。

実行前には
もちろん彼に相談。

彼は一番信頼できる
アドバイザーだから。

私がしたいことをできるのは、
愛する彼のおかげ。

初めての売却益から、
少しだけ彼とお祝いしたいな。

彼はきっと
大事にとっておきなさいって
言うだろうけれど…。
彼の友人に議員さんがいる。

友人のために
選挙運動をすることもある。

色々な人に会い、
話をしていると、
彼自身が立候補したら…と
お話をいただくことがあると言う。

丁重にお断りしている彼。

「ここ(秘密基地)に来れなくなる。」

「…そうだよ。会えなくなる。
議員さんとか、
公人にはならないで。」

私は彼にしがみついた。

彼は周りに好かれ、
親しみやすさだけでなく、
カリスマ性もあるから、
彼を選挙にと推す気持ちはわかる。

でもそれこそ、
本当に会えなくなる。

そんなの絶対にイヤ。

でも彼がもし、
どうしても
そういうことをしたいと言ったら、
私は応援しなくてはいけない。

身を引かなくてはいけない。

それが彼のしたいことなら。

いつ何が起きても
できるだけ後悔しないように、

素直に心から
彼を愛していよう。

今このときを
大切に生きよう。

生きる力

以前から秘密基地に
手をかけてくれる彼。

私より色々なことに気がつく。

私が過ごしやすいように、
自分も使いやすいようにと、
秘密基地を自ら改良したりする。

ここでまたエアコンなどの
家電を更に買い足してくれたり、

付帯設備を増やすように
業者さんに発注してくれたり、
(もちろん借主負担だけど…)

家具もあちらこちらに
探しに行ってくれて、
ようやくもうすぐ
一通りのものが揃いそうだ。

新生活を始めて3か月ちょっと。

彼と一緒に作ってきた秘密基地。

体ひとつで引っ越してきて、
本当にゼロから作り上げてきた。

どれだけお金を
遣わせてしまったことか…。

彼は決して浪費家ではない。
彼の中でキッチリ線引きがある。

それがわかっているだけに、
感謝してやまない。
彼の深い考え、想いを感じる。

そしてそろそろ、
私の車の任意保険が更新時期。

これも更に
内容をグレードアップしようと
提案してくれた。

せめて半分は自分で負担したいと思い、
躊躇している私に、
彼は

「出してあげるから。」

と微笑んでくれた。

気持ちも、
時間も、
お金もかけてくれる彼。

その愛情、誠意に応えたい。

彼の判断基準、
行動基準が、
いつも

“私のために…”

そう考えてくれる彼が
笑顔で安心していられるように、

私はできることがあるね。
もっと頑張れることがあるね。

あなたは私の生きる力。

大切な大好きな人。

 | ホーム |