FC2ブログ

ふたりの夜

今月は彼が多忙で
2回しか会えなかった。

だけど2回ともお泊りしてくれた。

2回目は出張ではないのに
お泊りしてくれて嬉しかった。

お泊りのときは
夜からデートがスタートするのに、
この日は16時少し前には
基地に来てくれた。

やっと会えるのだから、
少しでも長く一緒にいてあげようという
彼の気持ちがひしひしと伝わった。

…だから好き。
大好き。

やっと会えたね。
会いたかったよ。

会うなり抱きつきキスをして、
ずっとイチャイチャしていた。

さみしさも心細さも解けていく。

温かい彼の腕の中、
このまま時間が止まってくれたらと
思わずにいられない。

夜中、目が覚めてしまった彼が、
ひとりで飲み直していた。

それに気づいた私が起き上がり、
お酒のお相手をしようとすると
彼が制した。

「起こしちゃったね、ごめんね。
大丈夫だから寝ていて…
心配だから、ね…」

私は翌日通院だから、
遅くまで起こしておけない。
寝かせてあげたいからと言う彼。

私をベッドに寝かせると
そっとキスをした。

また今度、
一緒に夜中飲みしようね。

ふたりでたくさん
いろんなお話をしながら
夜を明かそう。

ふたりの夜を重ねていきたい。



不倫・婚外恋愛ランキング
スポンサーサイト



今月初めて会えた。

お泊りだったけれど
彼が来るのは夜。

翌日私は通院日で、
昼前には基地を出る。

なので朝食は
前もってコンビニで調達し、
出かけるまでずっとくっついていた。

離れたくなかった。

いつになく
センチメンタルな気分になっていた私。

「今日ね、
17時少し前には帰ってこられるけど…
まだ基地にいる?」

「…無理かなぁ…ごめんね。」

わかってた。

わかっていたけど聞いてしまった。
後悔した。
こういう風にグズグズしないって
決めていたのに…。

そのあとは
いつもと変わらぬ様に振る舞った。

家を出るとき、
彼が歯を磨いていたので、
後ろから
いってきますと声を掛けると、
彼は直ぐに私の元に来てくれた。

「いってらっしゃい。」

と笑顔で優しくキスしてくれた。

夕方帰宅すると、
もちろん彼は居なかったのだが、
私が何気なく言ったことを、
全てしてくれてあった。

雨だから
また今度でいいよと言ったことも。

時間がある時にしてねと
お願いしたことも。

今日はあまり
一緒にいてあげられなかったから、
私のために、
基地で心地良く過ごせるようにと、
色々してくれていったのだろう。

そんな彼の気持ちに
胸がいっぱいになった。

今日はごめんなさい。

そしてありがとう。



不倫・婚外恋愛ランキング
好きな人には
好き好き言って甘えたい私にとって、
それを受け止めてくれる彼は理想的。

彼は受け止めてくれるけど、
滅多に好きとは言ってくれない。

それでも私が安心していられるのは、
彼が常日頃から態度や行動で
愛情を感じさせてくれるから。

台風のときは心配して電話をくれて、
昨日は基地で使う物を探しに、
少し遠くのお店まで行ってくれた。

そしてまたさっきは電話をくれて、
私の体調を気遣ってくれた。

今週は会えなくて残念だけれど、
たくさん声を聞かせてくれたから、
嬉しかったし、安心したよ。

少し前の記事に書いたけれど、
忙しいと
1週間くらい連絡が無いこともある。
その代わり、
時間ができれば
こうやって気にかけてくれる。

そんな彼の言動が積み重なって、
彼への信頼や愛情が深まる。

私は素直に想いを伝えることができる。
計算などせずにありのまま、
私のままでいられる。

そんな私を受け入れてくれる、
愛してくれるという安心から、
自己肯定感というものを知った。

そんな気持ちになれたのは、
彼が初めてだった。

お互いの想いを
素直に交わすことができる、
甘えられる喜び。

無理せず私らしくいられること。

あなたと一緒にいると幸せなの。

あなたのおかげだよ。

ありがとう。



不倫・婚外恋愛ランキング
彼に会えた。

珍しくサングラスをかけたまま
基地に来た。

「ただいま。」

「おかえり…うわ…カッコいい〜!」

サングラスがとても似合っていて、
雰囲気が素敵。
ちょいワルっぽい感じがまた、
キュンキュンしてしまう。

「久しぶり…やっと会えた…
会いたかったよ。」

抱きついて離れない私を、
彼はぎゅーっと抱きしめ返してくれた。

「ブログには殊勝なことを書いたけど、
だんだんさみしくなっていたし、
とても会いたかった。
今は…ここに居る間は、
私だけの(彼)だよ。」

いつも以上に
ベタベタくっついて甘える私。

彼は食事中、
よく私にあーんと食べさせてくれるけど、
この日は一段と私優先。
自分が食べるより私に食べさせ、
私が美味しいって喜ぶと、
彼はニコニコして私を見つめる。

この甘々なひとときが
本当に嬉しくて、幸せ。

この日、
彼はいつもより遅く来た。
きっとお仕事等忙しい中、
時間を作って来てくれたのだろう。

彼はわかっていたんだろうな。

本当は私がさみしがっていたこと。

早く会いに行って、
そばにいてあげようと
してくれたんだよね。

ありがとう。
とても嬉しかった。

大好きです。
あなたが大好きです。



不倫・婚外恋愛ランキング

 | ホーム |