FC2ブログ

priceless(3)

飲んで食べてイチャイチャして、
ふたりくっついて微睡んでいると、
時間が経つのはあっという間。

日帰りのときは尚更早く感じる。

「…そろそろシャワーを浴びる時間だよ。」

彼に声をかけると

「今日はまだ大丈夫。
少しゆっくりできるから…」

「え?いいの?
…じゃあ、次は何時頃声をかけたらいい?」

「17時か18時くらいまでいいかな…」

「本当に?」

いつもなら基地を出る時間だ。

「ありがとう。今日はお祝いだからだね。」

嬉しくて彼に抱きつきながら言うと、

「(呼び出しが無くて)大丈夫そうなら、
今日は泊まろうかな…」

と彼はニコニコしながら言った。

「もしかして…今日は
最初からそのつもりで来てくれたの?」

「買ってきた物を見て
わかるかなと思ったけど…」

やっぱり、
それで買ってきた食品が多かったんだ。

最初からお泊まりの約束をして、
できなかったり、
急な呼び出しで帰ることになったら、
私を悲しませる。

特に年末の忙しい時期だから、
呼び出しなどを考えて
ギリギリまで慎重に、
日帰りということにしていたんだ。

そして頃合いを見て、
愛情いっぱいのサプライズ。

今日はお泊まりだよって…。

もう彼は最高です。
ますます惚れてしまいました。

私の誕生祝い。
彼がくれたのは
封筒に込められた想いと彼の時間。

多忙な彼の時間はpriceless。

私が何よりも欲しかった
あなたとの時間をありがとう。

本当に本当に嬉しかったよ。



不倫・婚外恋愛ランキング
スポンサーサイト



priceless(2)

「なぎさ、これ…」
彼はそっと封筒を差し出した。

「これね…やっぱり色々考えたけれど、
物は浮かばないし…
何か自分が欲しい物を…ね。
寒かったら着る物でもいいし…」

普段から何ひとつ困らないように
守ってもらっているのに、
更に差し出された封筒の厚さに、
私は一瞬、手を引っ込めてしまった。

「有り難いけれど、嬉しいけれど、
こんなにもらえないよ。
今だって十分してもらってるのに…」

彼は、
最近、洋服などを買わない私のことが、
将来を不安に思い、
買いたい物も
買わずにいる様に見えたのかもしれない。

でもね、そんなことはない。

私が貯金を最優先にしてるだけ。
今の私には洋服よりも、
ひとりになったときの安心材料が必要。

だから、
私は今の経済生活を
自分で納得しているのだけど、
彼は彼で、
私にもっと自由に
楽しく買い物させてあげたいと
思ってくれたのだろうな…。

本当に優しい人だから。

私を見つめる彼の瞳が優しくて、
握る手が温かくて、
あぁ、そうか…
彼だって私の気持ちはわかっているけれど、
彼にも彼の気持ちがあるのだと思った。

彼の想いを素直に受け取ろう。

「…ありがとう。大事にするね。」

彼の胸に顔を埋めると、
ギュッと抱きしめてくれた。

ずっとずっといつまでも、
この腕の中にいたい。



不倫・婚外恋愛ランキング

priceless(1)

私の誕生日当日は彼と会えなかったけれど、
おめでとうのLINEはしてきてくれた。

そしてその数日後の昼間、
彼は基地に来た。

今年は日帰りかぁ…。
年末だからいつも以上に忙しい。
仕方ないとは思いつつも、
少しだけさみしかった。

彼は来る途中、
シャンパンやケーキなどを買ってきてくれた。

お洒落なケーキ屋さんのケーキではなく、
チェーン店の物でごめんねと
彼は言ったけれど全然問題ない。

今日は日帰りデート。
遠回りしてお洒落なケーキを
買ってきてもらうより、
道すがらのお店で買ってきて、
そのぶんの時間
ゆっくり一緒に居られる方がずっと嬉しい。

大事なのは
お祝いしてくれるその気持ちだから。

それにバラエティ豊かなデリなど、
色々買ってきてくれて、パーティー感満載。

そのどれもが
私が久しぶりに飲みたいな、
食べたいなと思っていた物だったから、
びっくりした。

彼が私の好みを熟知してること。
そろそろこれらを飲みたい、
食べたいと思っているのでは…と
察してくれること。

それがドンピシャだから…スゴい。

ケーキも今は少人数用の
小さなホールケーキもある。
だけど私は甘いものはそんなに食べない。
少しだけ食べられたら満足。
だからショートケーキを2つ。
違う味を彼と半分こがいい。

そんなワガママもきちんとクリア。

日帰りの割に
食品が多い気もしたけれど、
つい買い過ぎちゃったのかな…ぐらいに
思っていた。



不倫・婚外恋愛ランキング
もうじき私の誕生日。

先日彼と会った時に

「何が欲しいか考えておいて。」

と言われた。

付き合ってからずっと、
彼は私が欲しい物を聞く。

そして物によっては
自分で好きな物を選んでいいよと
打ち出の小槌を使うように言う。

趣味じゃない物を贈りたくない。
本当に欲しい物をあげたいという
彼の心遣いだ。

でも私は彼にこう答えた。

「ありがとう。
でもね、何もいらないよ。
だって毎月毎月助けてもらって、
守られているんだもん。
もう十分過ぎるぐらいだよ。
これ以上何かねだったりしたら、
バチが当たりそう。」

「そう?…でもなぁ…。」

「また何か必要な物ができたら、
相談してお願いするかもしれないから。
それにね、
私が欲しいのは物より(彼との)時間なの。
誕生日当日は無理だとしても、
その近辺のどこかでお泊りしてくれたり、
一緒にゆっくりできる時間が欲しいです。
それが私の欲しいものかなぁ。」

彼といると本当に心の底から安心して、
温かい気持ちになる。
嬉しくて幸せで、
これ以上ない喜びのひとときなのだ。

だからね、
私へのプレゼントは
大好きなあなたとの時間にしてください。



不倫・婚外恋愛ランキング

プレゼント

私は買い物で、
とても優柔不断になる時がある。

必要だとハッキリしている物…
生活必需品の様な物は、
パッパッと済ませられるのだが、

洋服や装飾品、趣味の物など
贅沢品や
それが無くても急には困らない物となると、
考えあぐねた挙句、
またでいいか…となってしまう。

買おうかなと思っても、
その場ではなかなか買えず、
一度帰宅して一晩考えて、
それでも欲しかったら
買いに行くという感じだ。

そんな私が先日一目惚れした物があり、
珍しくその場で買って帰宅したのだが、

帰宅すると段々不安になってきた。

いつもと違う色づかいの物。

飽きないだろうか、
浮かないだろうか…。

そして結局妹に写真を撮って送り、
不安なんだと話した。
すると妹が欲しいと言ってくれたので、
少し早いけれど
クリスマスプレゼントであげることにした。

ただそれは
私が使うつもりだったから、
彼の打ち出の小槌で買っていた。

だから彼に会った時に
事情を説明して、
その分のお金を渡そうとしたが、
彼は受け取らず、

「じゃあ、最初で最後かもしれないけれど、
俺から妹さんへの
クリスマスプレゼントってことで、
お金はいいよ。」

とニコニコ笑いながら言ってくれた。

彼は受け取らないかなぁと思ったけれど、
いちおう礼儀というか、
そういうことはちゃんとしたかったので
お金を準備したのだけど、
案の定、彼は受け取らなかった。

それどころか優しいことを言ってくれて…。
本当にいつも
私だけじゃなく良くしてくれる。

ありがとう。



不倫・婚外恋愛ランキング
2週間程、彼に会えなかった。

また私が体調を崩した為だ。

今回は夜間に救急搬送された。
点滴と投薬で帰宅できたので、
大したことはなかったのだが、
やはり数日は怠く、
通常の生活は出来なかった。

この2週間の間には、
珍しく彼が連泊できるかも…
という日もあった。

私は平謝りするしかなかった。

「ごめんね。
せっかく連泊できるかもって
言ってくれてたのに…。
今週はこのまましっかり休んで
体調を整えて、
来週は元気な笑顔で会えるようにするから。」

「…うん。やっぱり今週は無理かな。」

「…ごめんね。」

「…そうか…そうだな。」

直ぐにわかったと言わない彼の胸の内が
手に取るように伝わる。

本当に…ごめんなさい。



不倫・婚外恋愛ランキング

 | ホーム |