FC2ブログ
先日、彼からお財布を
プレゼントしてもらったことは、
少し書いたが、
その財布が本当に嬉しかった。

彼はブランドには拘らない。
むしろ質や使用感を重視する。

彼のもので、
パッと見て誰もが
直ぐにわかるのは車ぐらいだろうか。

だけど、そんな彼が服を脱いだとき、
有名ブランドのタグがついていたりする。

それがまた素敵だな、
彼によく似合うなって、
私が見て
思っていたりしたものだったりすると、
微妙な気持ちになる。

話が逸れたけれど、
そんな彼が今回私に
プレゼントしてくれたのは
ブランドの財布だった。

今までも何度かもらってきたけれど、
そのたびお財布が
ランクアップしているのが嬉しかった。

私は財布に限らず、
その人自身と持ち物が釣り合わないのは
とても恥ずかしいと思っている。

だから今までブランド物を
欲しがることもなかった。

アクセサリーも時計も身につけない。
(アクセサリーと時計に関しては
他の理由もあるのだけど…)

憧れるものがあるなら、
それが似合う人間になってから…。

それも欲しいものは
自分で買えたらベストだと思って
生きてきた。

でも結局いろいろあって、
今の私は
借金こそないけれど、
貯金もほぼなくて、

それどころか借金よりもタチの悪い、
心身を苦しめるものを背負っている。

本当は欲しいもの、
したいこと、
たくさんある。

でも何もできない。

金銭的な問題だけじゃない。

やるせない思い、悔しい気持ち。

ときどきひどく落ち込む私。

そんな私の心を
彼はわかっていたんだろう。

“もっと自信を持って、明るく前に進め”

財布に込められた
彼のメッセージを感じた。

彼がくれたお財布は、
落ち着いているけれど清潔感のある色。
キラキラの笑顔でいてねというような、
革へのラメ押し。
使いやすい形と
さりげなく入ったブランドロゴ。

今のなぎさには、
こんな財布が似合うよ。

彼がそう言ってくれているようだった。

だからとても嬉しかったの。



不倫・婚外恋愛ランキングへ

にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

 | ホーム |